疲労臭 原因

体からアンモニア臭が?!疲労臭が発生する原因とは

「ニオイ」に関しては敏感な人も多く、悩みとしている人も少なくはないと思います。代表的なものは「ワキガ」や「加齢臭」などですが、そのどちらでもない「疲労臭」についてはご存知でしょうか?

 

 

 

今回はその疲労臭について、原因や特徴などを詳しくご紹介します。

疲労臭とは?

 

疲労臭とは、簡単に言えばその言葉のとおり、疲れが溜まったときに発生する臭いのことです。その臭いはいわゆる「アンモニア臭」であることが特徴で、ツンとした刺激的な臭いを発することから、周囲に対するスメルハラスメントにもなりかねない、厄介な体臭の一つです。

 

 

 

汗の臭いも独特なことがありますが、疲労臭とはメカニズムが異なっています。そもそも汗自体には臭いはほとんどなく、皮膚表面にある皮脂や汚れなどと混ざり合うことによって雑菌が発生し、臭いに変わります。

 

 

 

対して疲労臭の場合は、皮膚表面で臭いに変化するのではありません。体内で本来分解されるはずのアンモニアが分解されきれず、体内に体外に放出されることによって臭いを感じるようになります。

 

 

 

そんなメカニズムの違いから、疲労臭は制汗剤などで抑えるのは難しいという特徴があります。すでに体外に出たものをどうこうするというよりは、体内の環境を整えてアンモニア臭の発生を防ぐ必要があるのです。

 

 

 

加齢臭やワキガの場合も同様ですが、自分が発している臭いは自分自身では気づきにくいもの。疲労臭が発生していても自分ではその臭いに慣れてしまっているため、気づかずに周りに迷惑になっている可能性もあります。

アンモニアについて

アンモニアは、通常はほとんどが尿として体外に排出される、強烈な刺激臭を持つ物質です。腸や腎臓で動物性たんぱく質が分解されてつくられるもので、水に溶けやすいのですが、まれに汗に混じり臭いを発生させることもあります。

疲労臭の原因

 

疲労臭のツンとした臭いの原因はずばり、アンモニアです。では、なぜアンモニアが臭いとなって発生してしまうのでしょうか?それには以下のような原因があります。

腎臓機能の低下

腎臓は、体内にある老廃物を体外に排出する役割を持っています。正常な腎臓であればろ過機能も正常に働きます。しかし機能が低下すると、本来尿として排泄されるべきアンモニアが血液中に溶け出してしまうため、そのまま汗として臭いとともに排出されることになるのです。

肝臓機能の低下

肝臓では、アンモニアやアルコールなどの分解処理が行われます。そこで正常に分解が行われればアンモニアは尿として排出されやすくなるのですが、何らかの原因により肝臓機能が低下すると分解されきれなかったアンモニアは血液に乗ってしまい、汗として体外に排出されやすくなります。

 

 

 

肝臓は過剰なストレスなどによっても機能が低下しやすいです。毎日仕事が忙しくて疲労臭が気になる、という人の場合は肝臓機能の低下を疑ってみましょう。

腸内環境の悪化

普段から便秘に悩んでいる人の場合、腸内環境が悪くなっていることが考えられます。便秘ということは、腸の中に便が長時間溜まりがちだということ。その状態が続くと便からアンモニア臭が発生し、体内(血液)に取り込まれ、排出時に臭いが拡散されることになります。

汗腺機能の低下

人は、体温調節や老廃物の排出のため、定期的に汗をかくものです。しかし、汗腺機能が低下すると老廃物を溜め込みやすくなるため、たまに汗をかくとアンモニア臭が発生することがあります。

 

 

 

汗腺機能は、普段汗をかくような行動をしなければすぐに低下してしまいます。運動はもちろん、お風呂に入ることも実は重要なポイントです。

 

 

 

毎日のお風呂をシャワーで済ませてしまうという人は、特に一人暮らしの人に多いと思います。シャワーは汚れを落とすのには適していますが、体を芯から温める効果はありません。湯船に浸かれば汗をかくため、汗腺を正常に機能させるのに役立ちます。

疲労臭が起こりやすい人

ストレスが多い

ストレスと言っても軽度なものではなく、強いストレスが長期間続いているような場合、体内の代謝を低下させ、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。自律神経が乱れると内臓の機能低下にも繋がり、疲労臭が起こりやすくなります。

 

 

 

ストレスは不眠や食欲低下などにも繋がり、さらに疲労が溜まるという負のスパイラルに陥ります。

飲酒・喫煙

アルコールやたばこの有害物質は、肝臓をはじめとする内臓に大きな負担を与えます。日常的な飲酒や喫煙を繰り返していれば当然、内臓にもダメージは蓄積されていくため、肝臓や腎臓の機能低下にも繋がりかねません。

 

 

 

ストレスが溜まったからといって飲酒や喫煙で解消しようとするのももってのほかです。たまに少量であればそこまで内臓の負担になることもありませんが、ストレスの解消は運動や趣味など、もっと健全な方法で行うことをおすすめします。

運動不足

最近ではデスクワークも増えたことから、日頃運動不足の人も増えているのではないかと思います。運動不足は体力を低下させるだけでなく、汗腺の機能低下の原因にもなります。

 

 

 

運動をすると、当然汗をかきますよね。汗をかくことで体温調節をする役割があるのですが、普段あまり運動をしない人の場合、汗をかくこと自体が少ないために汗腺機能が衰え、老廃物を排出する機会も少なくなってしまうのです。

 

 

 

たまに体を動かして汗をかいたとき、よくある汗の臭いとは少し違った臭いを感じたことのある人もいるのではないでしょうか?これはまさに疲労臭の一種であり、体内に溜まっていた老廃物(アンモニア)が一気に排出されることにより発生する臭いなのです。

便秘

便秘が起こるのにも様々な原因があります。体の冷えや運動不足、腸内環境の悪化など……。腸の中に便が溜まるということは好ましいものではないため、腸にはできるだけ善玉菌を増やし、腸内環境を正常に保つことを心がけましょう。

 

 

 

もちろん、生活習慣を見直し規則正しい生活をするということも重要になります。

疲労臭が強い場合は病気の可能性も

 

疲労臭は、基本的には内臓機能の低下などによって起こるものですが、あまりにも強い臭いである場合には単なる機能低下ではなく病気が隠されている可能性もあります。考えられる病気には以下のようなものがあります。

脂肪肝

肥満の人の場合、見た目だけでなく内臓にも脂肪がついていることがあります。中でも脂肪がつくと厄介なのが肝臓です。

 

 

 

脂肪がたっぷりついてしまっている肝臓のことを脂肪肝といいます。脂肪肝になると本来の肝臓の働きができにくくなり、機能が低下することによって疲労臭が起こりやすくなるのです。

 

 

 

自分の肥満を自覚しているようであれば、内臓の肥満も疑ってみてください。

肝硬変

疲労臭だけでなく、体重の減少や食欲不振などが併せて見られる場合は肝硬変になっている可能性もあります。肝硬変は、肝炎が進み肝臓の細胞が減少したりするもので、悪化すると命にも関わることのある病気です。

 

 

 

汗だけでなく、口からも疲労臭を感じるようになったら要注意です。

急性・慢性肝炎

肝炎は、肝硬変にも繋がりかねない危険な病気です。しかし、自分ではなかなか気づきにくいもの。肝炎の特徴としては、全身に倦怠感を感じることなどが挙げられます。それと同時に全身から不快な臭いを発しているような場合は、肝臓の異変を疑ってみましょう。

 

 

 

沈黙の臓器とも言われている肝臓なので、違和感を覚えたら多少大げさでもすぐに病院で診察を受けるのが安心ですよ。

まとめ

 

疲労臭はその独特な刺激臭から、悩みに思っている人も多いと思います。疲労臭の原因は、主に内臓の機能低下によって分解されなかったアンモニアです。

 

 

 

どうしてアンモニアが分解されないのか、その原因が分かれば対策や予防の可能になるはずです。自分の疲労臭はなぜ発生しているのか、一度その原因と向き合ってみてはいかがでしょうか。